みよし市でブランド品 ルイヴィトン アマゾンの買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

みよし市でブランド品 ルイヴィトン アマゾンの買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

みよし市でブランド品 ルイヴィトン アマゾンの買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

2021/03/15

みよし市のみなさんこんにちは。

豊田市で18金、プラチナなどの貴金属、ルイヴィトン、シャネル、グッチなどのブランド品を中心に買取を行っております、買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店です。

本日は【ブランド品:ルイヴィトン アマゾン】の買取依頼を頂きました(^^♪

ルイヴィトンと言えばモノグラムを思い浮かべるとおもいますが、そのモノグラムは2代目のジョルジュヴィトンによって1896年に作られました。
しかし、ルイヴィトンはモノグラムよりもダミエを先に考案していたのです。

では何故ルイヴィトン=モノグラムと認知されてきたのでしょうか?

答えは案外シンプルで、カジュアルな場でも公式の場でも様々な場所で使うことができる、完成度の高い模様をしているためより多くの人々にとって憧れの象徴となってきたからです。
そこまでして完成度の高い模様を作り出した背景には、模倣が市場に出回るようになってしまったからで、模倣が簡単な模様であるダミエの後に作られたモノグラムは、職人によって人々の憧れとなり、模範も難しくなり、ルイヴィトンのシンボルとなりました。

その一方で、ルイヴィトンのイニシャルのLVと花と星のモノグラムの模様は、日本人なら馴染みのある家紋をモデルに作られたといわれています。
だからこそ、日本人はより親しみを無意識のうちに持ってモノグラムを好んでいるんでしょうね(^^♪

ルイヴィトンの出す品格が日本人をひきつけているようです。

また、フランス発祥のブランドですので、フランスにちなんだ地名や河の名前が多くつけられているのも
ルイヴィトンの特徴です。

買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店では、ルイヴィトン以外にも、シャネル、グッチ、エルメスなどのブランド品、18金、プラチナなどの貴金属の買取に力を入れております。

またバッグなどの革の張替えなども承っております。お見積りは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ぜひ買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店へご来店お待ちしております。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。