みよし市で貴金属:24金の買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

愛知のわかばグループ 全国のわかばグループお問い合わせはこちら

みよし市で貴金属:24金の買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

みよし市で貴金属:24金の買取なら買取専門店わかばドン・キホーテユニー豊田元町店

2021/01/23

みよし市の皆様今日こんにちは!

今コロナで大変ですよね!(´;ω;`)

売りたいけどコロナだから売れない等、私たちも除菌やマスク等をしてコロナ対策をしっかり行っておりますのでご安心してブランド品や貴金属の査定等にご来店下さいませ(*^_^*)

【貴金属・24金リング】です。

買取依頼ありがとうございます!

ほぼ100%の純金含有率を誇るため、腐敗・変色することなくその輝きは永久的に持続します。柔らかいためジュエリーには向かないです。インゴットやコインなど、主に資産価値を目的とした製品に加工されます。純金のイメージのある金箔は、一般的にはK23であり、4.90%の純銀と0.66%の純銅が含まれています。

というのは、実は大変にデリケートな貴金属です。
24金が金100パーセントの純金であることの証明になりますが、このままではどうしても傷つきやすく、アクセサリーとして加工するには心もとないものになってしまいますよね。
せっかくのアクセサリーが、ぶつかった時に変形したり傷がついたりしてしまえば、それはとてももったいないことになってしまいますよね。
金に銀や銅を混ぜ込んで、強度をあげたものが18金なのです。
18金には、金75パーセントに加えて銀15パーセント、銅が10パーセント含まれており、純度は下がりますがこれで強度をあげることに成功しているんです。

アクセサリーとして使われている金のほとんどが18金です。
ちなみにホワイトゴールドの場合は、金の割合を58パーセント程度まで落とし、銀41パーセントほどをくわえて、表からロジウム加工を施すことであのプラチナの様な輝きを実現させました。
ホワイトゴールドはプラチナの代用品として新たに開発されたゴールドですが、やはりプラチナに色がとてもよく似ています。

では、純金と言われる24金はどこで使われているのでしょうか?
24金となると、日本では資産としての管理になるので、インゴット金などに多く使われています。
インゴット金は文字通り純金ですから、もちろん24金ですね。

しかし、一部では24金を使ったアクセサリーや置物なども作られているようで、いろいろなものを見ることができるんです。金の湯飲みやネックレスなど、24金で作られたものが販売されており、かなり高い価格で取引されています。純金である上に、それを置き物などに加工するのは熟練の職人の手を借りていることが多いので、それだけお値段が跳ね上がっているんですね(^^♪

 

買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店では、貴金属・金 プラチナの買取を強化しております。

また革製品のリペア、ジュエリーリフォームも承っております。

見積り・査定は無料です!

是非買取わかばドン・キホーテユニー豊田元町店へお持ち込み下さい。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。